はいはい・手づかみ食べ教室とは

栄養士の外山です♪前回のブログで離乳食教室についても書いてありますが、離乳食は食べるものはもちろん大事ですが、食べ方もとても大切なのです✨

離乳食教室では、これから食べることを始めるべびぃちゃんが対象でお口の発達を中心にじっくり学んで頂きます♪

はいはい•手づかみ食べ教室では離乳食を食べ始めているべびぃちゃんが対象になります。ずり這い•はいはい•お座り位の時期になったら、是非参加して欲しい内容です♡

お口の発達は身体の発達と密接に関係があるので、身体の発達もしっかりできていないと食べることもうまくいかないということを学んで頂きます!

はいはいと手づかみはセットです

まずは身体の発達、はいはいの重要性のお話です。はいはいはとても大切でその後の人生を左右する❗️といっても過言ではないのです。なんとお口の発達にも影響します‼️手の動きや発達、器用さも食べ方につながるのです。

はいはいは、歩く前の赤ちゃんの移動手段だけではないことがわかっていただけるかと思います。

手づかみ食べって大事なこと?

手づかみ食べって⁉️そうです、離乳食食べ始めの赤ちゃんが食べるものを手で食べる、そのものです。手づかみで食べることも赤ちゃんにとっては初めてなので上手にできてなかったりすると、それを見てついつい大人目線で汚いなとか、スプーンや箸を覚えさせなきゃとか思いがち。でも少し見守って手づかみをどんどんさせてあげましょう。なぜそんなに大事?どんなものを?どうやって進める?をお伝えします。

幼児食になるまでのお悩み解決

月齢、年齢が進むと食事に関する悩みも変わってきます。野菜を食べない、遊びながら食べる、食べるより遊びに夢中…ママ・パパのストレスも多くなります。そんなお悩みの解決のヒントをお伝えします。

はいはい・手づかみ教室は離乳食教室を受けていただいた方、個別ケアをされている方が対象となります。

まずは、離乳食教室に参加してくださいね♪