最近 双子ちゃんを拝見する機会が増えています 助産院つきひかりにも双子ちゃんのママが個別ケアやデイサービスを利用してくださっています✨

双子ちゃんは 見た目は可愛くて 赤ちゃんを産み育てる前ならちょっと憧れたりしますよね でも1人産んで育ててみると1人でも大変なのに 2人って本当にすごいって思います

そんな頑張るママの奮闘記を今日は書きたいと思います

6年前位の頃 何故か双子ちゃんを4組 ほぼ同時期にケアさせていただいていた時がありました 双子ちゃんは20週後半には臨月位のお腹の大きさになるので その頃からお腹が張ってきて入院となる方も多くいらっしゃいます

でも入院して安静になると筋力は落ちて 産後に育児をする体力がなくなってしまいます 1人でも体力が必要なのに2人を育児しなくちゃならない それなのに入院•安静で体力ガタ落ち••• そうならない様に 骨盤ケアが本当に必要です

スタートは単胎のママと同じ骨盤ケア 体操してトコちゃんベルトをします でも••• 20週になる頃にはトコちゃんベルト1本では支えきれずベルトを2本にしたり腹直筋離解を防ぐ為に腹帯をしたりしていきます

そして 双子のお助けアイテムは トコちゃんパンツというズボンです 

トコちゃんパンツはズボンにトコちゃんベルトの機能+反り腰を改善すべく腰椎の部分を支えてくれるすごいズボンで トコちゃんベルトよりは高価でいつもは切迫傾向の妊婦さんやお仕事がハードな妊婦さんにしかあまり勧めない私ですが•••

双子ちゃんママには必ずこのズボンをベルトや腹帯とあわせてはいて頂いてます すると•••切迫早産で入院ということが本当に予防できる✨ もちろん管理入院という病院もあって 切迫早産傾向がなくても入院という所もありますが 入院しても行動制限があまりないので驚きます

双子ちゃんは お腹が大きくなりすぎて微弱陣痛や 出産直後に大きくなりすぎた子宮が小さくなれず出血が多くなりやすいという特徴があり 上の子を普通分娩していても帝王切開しか選択できない病院が多い現状です

妊娠中は妊婦中で 重いお腹で夜も寝苦しくて不眠になったり 切迫早産のリスクも高く 生まれたら生まれたで帝王切開の出血で貧血や傷の痛みに筋力低下 赤ちゃんは普通分娩の赤ちゃんより小さいことが多くて 授乳もちょっと飲んで寝ちゃったりと大変なことの連続です

年末に帝王切開になったママは 2300gと2000gの赤ちゃんを術後6日目に退院となり 帰ってから2000gの赤ちゃんがミルクを一度に10cc〜20ccしか飲めず 1〜2時間毎に起こして飲ませてみても飲んでくれず心配で 年末年始で救急外来しかやっていない病院に術後の体で連れていき 何時間も待って小児科医は赤ちゃんは異常がないので母乳外来で助産師の指導を受けてと言い 助産師に80cc頑張って飲ませるように言われ•••飲めないので受診したのに どう飲ませると飲めるか教えてもらえず 私に泣きの連絡がありました

NICUで未熟な低出生体重児を看護していたこともあったので まずは20ccで良いので 柔らかくて吸いやすい哺乳瓶の乳首で 1〜2時間ではなくミルクの消化時間の3時間を空けて 1日に8回飲ませてみて 飲めたら翌日は30ccと少しづつ増やしていくこと を伝えました 時間を空けて胃腸を休ませる時間を作ると消化•吸収ができること 丸く授乳毎に向きを変えて寝かせることを伝えて ようやく飲める様になっていきました

そのママは 上に2歳のお姉ちゃんがいて 日中はお姉ちゃんがママ•ママと赤ちゃんがえり 夜間は2人が交互に授乳になり 睡眠時間が少なくて ある日の深夜にメールがきました 

そのメールには 2歳差で子どもが欲しくて排卵誘発剤を使ったので双子になってしまったのか? 育てられないのに 排卵誘発剤など使ったので 双子が生まれ 自分には育てる資格がないと生んだことを懺悔する内容だったのを覚えています

ちょっとそのママの所までは距離があって すぐに飛んでいけない状況で 朝になったら1人グズグズする方の赤ちゃんを預かるから 朝まで頑張るように伝えました 双子はお腹の中で1人が良いポジションにいて1人は隅っこに追いやられて 良いポジションにいた子はよく寝て 隅っこにいた子はグズグズする傾向にあることが多かったのです たまたま 続けて双子を拝見したら やはり胎内姿勢が生まれてからの眠りに影響することを実感しました

翌日 グズグズする方の赤ちゃんを朝から夕方までお預かりして その日の母子ケアをこなしながら 合間にその赤ちゃんの授乳やケアを行ないました その時は自宅でケアをしていて 息子も小学生だったので小学校から帰ってきたら その赤ちゃんをスリングで抱かせて バランスボールでゆらゆらしてと手伝ってもらいました

夕方 ママが赤ちゃんを迎えにきて 日中1人預かってもらって 1人しかみなくて良い状態になったら 見ている子が寝たら寝れて 交互に泣かれることがなくて 休めたとのことでした それ以降 そのママは生んだことを後悔する言動はなくなって 一歳近くまで実家のお世話にはなっていましたが 双子と2歳の上の子を育児することができました

今 核家族化や高齢出産やコロナ禍が影響して 妊娠期〜産後の鬱や自殺が増えて 産後ケア事業が全国的に強化されつつあります 横浜市は産後デイサービスや産後入院が1割負担で利用でき 双子以上の多胎は利用できる月齢や日数も増えました 私が骨盤ケアをさせて頂いているみどり助産院も双子のママ産後デイサービスや入院を利用して 体を休めながら 育児を頑張っています

最近 助産院つきひかりを利用してくださる双子のママさんは 平塚市は市の補助がないので 自費で高いお金がかかるのでそんなに沢山来れないですし 休めても半日デイサービスがせいぜい でも3時間でも赤ちゃんを気にせず寝れるだけで 元気を少し取り戻して帰られます 本当はもっと長く休ませてあげたい•もっと利用しても払える金額にしてあげたいと思います でも経営のことも考えなくてはならず•••辛い所です😢

半日デイサービスで双子ちゃんをお預かりして スタッフが授乳をしています♫

そんな中でも 半日デイサービスで実家のお母さんも休ませてあげれると 利用してくださって こちらも少しでもお役にたてているかと思うと嬉しくなります 

毎日 睡眠不足で変わるがわるの抱っこで腰も膝も痛くて 2人分の重みのかかった骨盤は中々元に戻らない状態で頑張るママを本当に尊敬してしまいます✨赤ちゃんはママを選んで生まれてくると言いますが きっと 2人でも育てられる選ばれたママなんですね 双子ちゃんのママって 本当にたくましい方が多い気がします✨

また疲れたら 助産院つきひかりスタッフ一同 頑張るママをサポートさせていただきますので お越しくださいね 早く横浜市のように産後ケアの補助が受けられる湘南地区になりますように•••