アロマ(AROMA)とは芳香 テラピー(THERAPY)とは療法という意味で『芳香療法』と訳されますが アロマテラピーという言葉の方がよく聞かれますね♪

私が月に3日位のお休みで 1日に何人もの方のお体を治すことが続けられる元気の源の一つがアロマテラピー💓

アロマの精油は 日本では残念ながら雑貨扱いですが•••ヨーロッパでは医師が処方して健康保険適応というすごいものって皆さんご存知でしたか?

私もNARDのメディカルアロマを勉強するまでは知りませんでした😅💦 私が20代の頃にアロマテラピーが医療の中に少しづつ入ってきました 癌の末期の方のホスピスケアなどが多かった記憶があります 少したってお産の現場でも痛みや不安の緩和にアロマテラピーが使われるようになりました✨

13年〜14年前位に当時私が働いていたクリニックでもアロマ分娩というのを取り入れはじめて 私も疲れた時にセラピストさんにアロマオイルトリートメントをしてもらいました😊 アロマオイルトリートメントをうけると癒されて元気を取り戻せました💕 陣痛で苦しい時にアロマトリートメント良いですよね✨ でもタイミングよくセラピストさんのいる日中そして平日にお産になるとは限らず•••希望していても受けられない産婦さんもいました💦 

助産師は 当然夜勤も休日もお産もあるので 夜勤や休日に分娩が長引いて産婦さんが辛い時に あのアロマトリートメントが出来たら産婦さんは良いだろうな〜って思い 勉強したいな〜って思うようになりました でもその時勉強しようと思っていた産科アロマのコースは30万円位かかり•••

何よりアロマオイル自体が高価で自分で揃えるのはちょっと厳しい そして助産師はお産の人だけでなく生まれた赤ちゃんやママも 夜間や休日は助産師が1人と看護師さんと対応しなければならないこともしばしば

手がベトベトの状態や裸に近い産婦さんをそのままの状態にしてナースコールや電話対応は厳しい😓 そう思ってたら整体の勉強は半分の15万円 そして手一つでできる✨これだーって整体を勉強しに行くことになったんです🌟 結局 私の場合は理解して整体を効果的に実施できるまでに数年 かかった費用も100万円は超えたと思いますが😱💦

その後 いつかアロマ勉強したいな〜とずっと思い続け そのチャンスは整体から繋がっていました✨ 整体で知り合った先輩の呉照美助産師が アロマやリンパケアの講師ができる方でセミナーを開いていて そこで少し勉強させて頂きました😊 呉照美助産師は 精油は高価で開封後の期限もあるので 産科で安全に使える精油を数本にしぼって産前•産後のトラブルに対しての手技をメインに教えてくださいました

もちろんそれが基本なんですが 精油をもっと知りたいという欲が出て•••どこで勉強しようかと思っていたら

な•なんと月に一度骨盤ケアをさせて頂いているみどり助産院の院長の娘さんの山田舞助産師がNARDのメディカルアロマの講師になられて お声がかかり ようやくアロマテラピーの精油の勉強ができたんです🌟 巡り巡って ようやく勉強できました✨

思っていると ちゃんと現実になるんですね😲✨

アロマテラピーを勉強するタイミングは私が整体や気功を勉強した後 これが私にはとても良いタイミングだったようです✨ 

何故なら 勉強しはじめてすぐに父が脳梗塞で生死をさまようことになり•••まだ効能もよくわからない私は 気功で父に効果がある精油をチョイスして アロマの先生の舞さんにこれをブレンドしたらどう?って効くと 舞さんに『今井先生 すごい💦 この精油は血行をよくする作用が期待されます』と驚かれたのです••• 連日の仕事と父の見舞いで頭が痛くなった時にジャスミンとセロリとあと一つ忘れちゃったのですが すごい臭いブレンドオイルを頭に擦り込んだら 不思議💦嘘みたいに頭痛がひいたんです

後でアロマ辞典を調べてみたら ジャスミンやセロリは精神強壮作用や鎮静作用が期待でき 頭の痛さは父が死んでしまうかもという精神的な影響が大きかったのかもしれません 笑ちゃう位 すっごい臭かったんですけど💦 父は私のアロマブレンドオイルを使って麻痺した腕をマッサージすると軽くなって浮腫みがひいて もちろん西洋医学の手術の力は大きいですが 今は普通に日常生活が送れるようになりました

父の急性期に私がブレンドしたオイルを塗ると『腕が本当に楽になるんだよな•••』って言ってもらえて アロマの力をまたまた再確認

アロマテラピー(植物精油や植物油 ハーブwaterを用いた 健康管理法)は 1927年にフランス人化学者のルネ=モーリス•ガットフォセ氏が精油を用いた療法をアロマテラピーと名付けました✨ ナイチンゲールはやけどの治療にラベンダースピカを使ってたというのは有名な話らしいのですが メディカルアロマの勉強をして初めて知りました♪ そしてその後 1964年にフランス人医師のジャン•バルネ氏が精油の効果を本にしてエビデンスが確立しました✨ 最初はフランスからイギリスに伝わったアロマテラピーは イギリスで美容やリラックスのためのアロマテラピーとして認知されて イギリスから日本に入ってきたので 医療より美容というイメージがついてしまったようです😥 世の中 知らないことばかり💦

そんな勉強をして またアロマの力を実感する出来事が•••前にもブログに書いた自分のやけどに遭遇 気功で自分の気をよんで ラベンダーアングスティフォリアとペパーミントを高濃度で混ぜて塗りラップで湿布をしたら ズキンズキンと痛んでいたのに嘘みたいに痛みが引いて 大きな水泡ができたのに跡が残らずに1週間以内に綺麗になったのです😵 これには自分でもびっくり💦

後で調べたらペパーミントは多量使用の場合には麻酔効果や鎮痛効果が期待できるそうで•••ラベンダーアングスティフォリアは創傷治癒や抗真菌作用•皮膚組織再生作用も期待できると知り••• 自分の気功もまんざら嘘じゃないな〜って実感しました💦(※妊婦さんはペパーミントはお腹が張るので使わないでくださいね 小さなお子さんも)

アロマをケアの中に使いはじめて 私は選ばれる精油からケアする方の気をよんでブレンドすると 状態がわかるようにもなって その後でお話すると効能があっていて不思議✨ 1日に何人もケアしても元気でいられるようになりました😆✨ 精油1本(10ml)がやすいもので1500円以上で高いと1万円位と高価なんですけどね••• その効果たるものの凄さに毎日驚くことが多いです 最近の私は薬は飲んでも漢方を一年前に飲んだかな?位で アロマでほぼ対応出来ていますよ💕

日本でも健康保険適応になったら良いのに〜って思ったこともありますが アロマは自然の恵から作られるもの 高価なものほど育てるのが大変だったり ちょっとしかとれないものなんです💦 健康保険適応になってみんなが手に入れやすくなってしまったら もっと手に入りにくくなってもっと高騰しちゃうかもしれないので•••日本では雑貨扱いでこの位の値段でちょうど良いと思うようになりました✨

助産院つきひかりで使っている精油はNARDお勧めの農薬も産地も成分もきちんとチェックされて表示されているPRANAROMの精油です 今では30種類位はあるでしょうか💓 その辺のやすい精油と臭いが違うんです 臭覚は脳にダイレクトに効くので嗅ぐだけでも効果はあり 皮膚に塗れば皮膚からも吸収されます✨ 自然なものなので肝臓や腎臓などへの負担がなく副作用もないので安心です もちろん植物のアレルギー反応や濃度で皮膚が赤くなったり 妊婦さんやお子さんに使うと危険なものもありますし 血圧に影響したり乳癌の方に使わない方が良いものなど•••ちゃんと勉強しないと危険な精油もあります 

助産院つきひかりでは 安全にアロマテラピーを活用して健康を維持促進できる様に スタッフの松下さんも山戸さんもNARDのアドバイザーコースを勉強して 先日合格しました💮 岸さんも私と同時期にアドバイザーコースを勉強し 田北さんも別の協会でアロマの勉強をしました✨ みんなアロマテラピーが好きで 家庭で活用しています♪

アロマテラピーを家庭の中で活用できる様に メディカルアロマ教室も毎月開催中です💕 是非 興味がある方は教室やイベントに参加してみてくださいね♪

次回のメディカルアロマ教室は 4月7日(水)10時〜 アロマスプレーを作ります✨

最近の私は花粉にユーカリラディアタが効くのでお掃除前にシュッシュしてからお掃除をしていますよ♪ 花粉が舞い上がらず良い気がします😊

まだ春休み明けでお子さんの帰りが早くて参加したいけど無理っていう方は 来月でも♪ また お友達3人位誘って頂いて別日にお教室も開催できます💕 先日は 仲良しのママ友さん達と集まれる日に 作ってみたいクラフトをリクエストして 松下さんが講師でお教室開催しました💓 

アロマクラフトは 石けん•ルームスプレー•アロマバス•ブレンドオイル•化粧水やローション•軟膏やクリーム•キャンドルなど多岐にわたります✨ もちろん材料費がそれなりにかかるものもあるのでものによっては教室の費用を相談して決めないとならないものもあります💦 でも精油を何種類も集めたらかなり高額になるので トータルすれば作りたいものを安く作ることができるかなって思います😊

お気軽にご相談くださいね♪

アロマが好きすぎて 長文になってしまいました💦 最後までご覧になってくださった方 お付き合いありがとうございました✨