今日は2月に出産されたママの母乳育児奮闘記をご報告したいと思います✨

ママは妊娠25週の時にお友達の紹介で骨盤ケアにお越しになりました その時は逆子でした 

逆子はママの体の辛いサイン•••赤ちゃんにとっても便器の中にお尻や足が入ってしまっているような状態 だから自由に動けず•••逆子が長いと股関節脱臼のリスクも高いので 早くケアをして治してあげないと💦

骨盤ケアを行なって 家でできる体操やとこちゃんベルトで骨盤を支えて28週には逆子は治りました✨良かった😊 でも•••お仕事がハードで お越しになる度に体は浮腫みがちで 肩凝りなども酷く•••臨月になると仰向けになると血圧が下がってしまい気分不快をおこすようになってしまいました😥

無事に普通分娩できるだろうか••• 私は心配していましたが38週に3100g代の女の子を無事に出産されました✨ 

良かった✨と喜びも束の間 育児はすぐにはじまります💦 出産はゴールではなく スタートなんですね😣 お産の時の出血が多めで 赤ちゃんも新生児黄疸の値が高めで 直接おっぱいをあまり吸わせることが出来ずに退院となってしまいました😥

新生児黄疸は 赤ちゃんがママのお腹にいる時に自分で呼吸が出来ず 酸素も栄養も全てママの方から送られてくる血液でまかなうので 赤ちゃんは心臓をとても早いスピードで動かし そして血液も大人より随分と濃い状態なんです

それが生まれて 呼吸をして自力で母乳やミルクを飲みはじめると その濃い血液は必要がなくなるので 壊して おしっこやうんちで排出されます でもお産が大変だったり 赤ちゃんが未熟だったりすると壊して排出することが難しくて 黄疸が強く出やすいということがおこります

黄疸が強くなると赤ちゃんは寝がちになり 母乳やミルクを飲む力が落ちるので さらにおしっこやうんちが出にくくなるので 黄疸が強くなりやすい為 病院では積極的に飲ませるという対応をします 手っ取り早く簡単に飲めるミルクを哺乳瓶で与えましょうということをします

ところが•••赤ちゃんにとっては生まれてからの1〜2週間は すり込みの時期で 楽な哺乳瓶を口の中に突っ込まれるような授乳をしてしまうと 自分で乳首を探して舌を伸ばしてママの乳首を舌に巻き込むという動作をしなくなってしまいやすいのです•••

だから 私は出産準備教室の時に生まれてきた赤ちゃんのほっぺをチョンチョンと刺激して指が触れた方に顔をむける原始反射や下唇をツンツンと刺激するとアーンと開ける原始反射を確認して それを引き出すように授乳しましょうとお伝えしています 哺乳瓶を使う時も同様に哺乳瓶の乳首を唇にチョンチョンとやってアーンと開けたり 舌が伸びてきたら与えるようにお話します

でも 病院では そういう指導が中々できていないようで 生後7日目にお越し頂いた時は 赤ちゃんは簡単に吸える哺乳瓶でミルクを60〜80cc飲み おっぱいは上手く吸い付けない状況でした 赤ちゃんは舌を引っ込めて哺乳瓶の乳首が入ってくるのを待っている状況で ママの乳首だと哺乳瓶の乳首ほど長さがないので 舌にのらずに怒る状態でした🥲

ママも黄疸が•••とミルクを飲ませないと不安で••• おっぱいのことは二の次 でもね•••おっぱいも吸われないとあっという間に止まってしまうんです 吸えないなら搾って出さないと止まってしまうものなのです💦

それで生後7日目、8日目と直接吸わせる練習を連日行いました 哺乳瓶も固くて短くて吸うのが大変な母乳相談室に変えました 8日目は片方数回吸ってくれるけど 片方は怒って吸ってくれず 直接吸わる練習をしてからミルクを与えて その後に搾乳をするという 大変な作業をなるべく行うようにお伝えしました

最初は 乳腺も細くて搾乳機では乳腺の内側に圧がかかると乳腺がますます細くなり でないことが多く その点手で搾乳すると乳輪が柔らかくなって 赤ちゃんが吸いやすい乳首になることが多く 大変ですが手で搾る方が良いのです💦

でも•••大変な作業です 直接吸わせても泣かれて心が折れそうになる その後にミルクは与えないとならない そして手で搾る なんだかんだで1時間近くかかる それが3時間おきにあるわけです😥

疲れたら•••半日デイサービスも利用して その時も直接授乳を練習しました

半日デイサービスで 沐浴もこちらが行うので ちょっと楽できますね♪

次にお会いしたのは生後14日目 この時 ママと赤ちゃんに大きな変化がおこっていました✨毎日のママの努力で 赤ちゃんの口も大きく開くようになってきて チョンチョンと赤ちゃんの口を刺激して アーンと開けた時にママがおっぱいへ赤ちゃんを引き寄せるタイミングがとっても上手に吸えるようになっていました😭✨✨✨

ママの頑張りで おっぱい吸い付けるようになったよ💕

なんと最初の5分1クールで12g体重が増え 2クール目は14g体重が増えたんです💓搾乳をする様になってから ママもおっぱいが張るようになって 搾ると30位は出るようになったと喜んでいて 本当によく頑張ったね〜とこちらもとっても嬉しくなりました✨

少しづつミルクの量を減らして おっぱいをもっと吸ってもらえるようにお話して 1ヶ月健診も体重増加のことを注意されることがなく 1ヶ月10日目にお越しいただいた時は 上手に吸える姿を見せてくれました😊

ただ•••まだ赤ちゃんの吸い方が浅くなりやすくて乳首の先端が痛むことや 不安でミルクを中々減らせないという悩みはありますが•••母乳育児の第一歩は 吸えることだと思います これはクリア👏 本当によく頑張りましたね✨

あとは飲ませれば飲ませるほど母乳量は伸びてきます ただ疲れやストレスが高まると分泌が落ちたりするので 疲れ過ぎない程度にミルクを減らしておっぱいを与えていく必要があります

疲れたらデイサービスや骨盤ケアを利用しながら 少しづつ母乳>ミルクになると良いですね✨ もっと自分のおっぱいと赤ちゃんを信じて大丈夫だよ〜 と私は思っています💕 これから2〜3ヶ月は 少しづつ起きている時間も増え 目が見えて構って欲しいとか同じ姿勢が辛いとか お腹が空いて泣くばかりではなくなります 

赤ちゃんの体操や腹這い遊びなどを入れながら 上手に授乳していきましょうね♫いつでも 相談にのりますので 困った時は連絡ください😊 

生まれて母乳が上手く吸わせられず困っているママ できるだけ早くご連絡くださいね そして妊娠中のママ 母乳が上手に吸える赤ちゃんで生まれてきて欲しいと思ったら妊娠中お腹の中での赤ちゃんの姿勢が影響します💦 妊娠中のケアが 本当に大切なんですよ💓