2月13日は 私が開業した日です 

2009年に開業したので 昨日で12年がたちました

ブログを書いていたら 大きな地震がきて••• みなさんは大丈夫でしたか?

東北では 結構被害も大きかったようで•••私の育ての母でもある祖母も福島の施設にいるので 心配です 

命の重さを自分の手で感じてみたい 生きる意味を考えたいと 高校生の時に助産師の道を決めて

22歳で看護師になり 27歳で助産師になり 33歳で開業助産師になりました

病院では お産にあたる助産師や 人が亡くなる時によくあたる看護師というのがいますが 私はとにかくお産によくあたる助産師でした

日勤でも4人位の赤ちゃんが産まれてくることが多く 夜勤では一晩で6人の赤ちゃんが産まれてくることもありました 

どちらも助産師が1人で 看護師さんにフォローしてもらいながら 1人で全ての産婦さんの状態を把握して とりあげなければならず 1人ひとりの名前さえも覚えられないことも多い日々でした

開業して 妊娠中から産後 そしてその後も ママと赤ちゃんたちの成長をずっと関われることが とても嬉しくて こちらが励まされいることを感じる毎日です

病院では気になっても退院してしまえば会える機会もなく•••困っていても 母乳外来位しか手を差し伸べることができなくて 時間にも制限があって いつも歯痒い思いをしていた私•••

だから この12年 私は とても楽しい時間を過ごしてこれました✨ 

開業当初は 母子整体も勉強しはじめて間もなく 助産師学校と病院の経験しかない母乳育児支援しかできなかったけれど

母子の整体 赤ちゃんの発達 ベビーケアやマッサージ アロマトリートメント リンパドレナージ 気功や経絡指圧 メディカルアロマ

を勉強しながら 多くのママや赤ちゃん そしてパパにさせて頂いて

沢山の方が 毎月 毎年 継続してケアを受けにきてくださって

昨年は 長年の夢だった助産院まで開院することができました✨

ひとえに みなさんのおかげです

私が頑張ってこれたのは ママの赤ちゃんへの愛を感じられて ママと赤ちゃん•家族の成長 を見せて頂けて お役にたてていると感じられる そこに自分が生きる意味を見出せたからだと思います

様々なお仕事がありますが 私は人生のスタートに関われるこのお仕事がとても好きで 生まれ変わってもこのお仕事がいいなと思います

13年目に突入しますが 今年は食育や薬膳をお勉強したいなと思っています😊

体を作る食べ物 私はあまり気を使ってこなかった気がするので 勉強して 体と心が元気になれる食を妊婦さんや産後のママにお伝えしていけたらいいなと思います💕

画家 山下あゆ美さん 『尊きもの』
開業の記念に購入させて頂きました💕

11日 2人目の妊娠中からずっと月1で通ってくださっている方のお子さんのドラムの発表会がありました♪

お姉ちゃんは小学校4年生 お腹の中からのお付き合いの男の子は小学校1年生

お姉ちゃんは パパとママをケアする私をいつもよく観察して やり方を覚えてパパとママにやってあげるそうです 時々 私にもやってくれて腕がよくて驚きます

お姉ちゃんが 『今井さんに見に来て欲しい』とドラムの発表会にお誘い頂いて 見に行ってきました✨

真ん中でドラムを叩いている男の子はお腹の中からのお付き合い 
お姉ちゃんがボーカル 座ってギターを弾いているのがパパ

天真爛漫で 3歳位までおっぱい星人だった男の子 昆虫や爬虫類が大好きで 二宮でケアをしている時も つきひかりが開院してからもカナヘビに夢中で パパとママのケア中に何匹捕まえるだ?って位の僕が•••

すごいノリノリで 上手にドラムを叩いて びっくりしました😲👏

パパも若い時にやっていたギターを子どもの発表会の為に練習して 頑張りました✨

ママと一緒に観客席で 聴かせていただきました✨

とっても感動しました🥺 

あんなに小さな赤ちゃんだった僕 おっぱい星人だった僕

とっても立派で 聴かせてくれるドラムでした🥺

子どもの成長に親でもないのに 胸がギュッとして 熱い気持ちになりました💓

家族で一丸になって頑張って演奏した家族バンド とっても素敵でした✨

こういうお付き合いも 病院にいたらなかっただろうな•••

そう思うと 私はやっぱり 開業の道が良い♪

病院で働いている方が 安定しているし 経済的な心配もない 

でも こんな気持ちになることはない お金で買えないものがここにある

そう思えた1日でした✨

お誘い頂き ありがとうございました💕

開業助産師13年目も みなさんの笑顔と成長を 寄り添い•見守れる助産師でありたいと思います🌕

どうぞこれからも よろしくお願いします

助産師 今井理英