2歳半に 私は旦那さんと 旦那さんの母親との関係性が悪くなり 半年間の別居を経て離婚することになりました 

今 思えば 私は息子を一人じめしていたのかもしれません 助産師だから色々できちゃうので 旦那さんにやらせてあげなかった気がします 危なかっしくて任せられなかったのかもしれません それが父性を育てる邪魔をしていたのかもしれません

『パパに会いたい』と息子に言われて もう会えないんだよと伝えると とても悲しそうな顔をして それ以降 パパに会いたいと息子は言いませんでした そこから一年位の息子の写真は 笑顔がとても少なくなりました

私は 仕事に逃げ 息子を両親に預けて 夜勤も入りました この時も『ママ行かないで』と玄関で泣かれて 父が『ママはお仕事だから』と一言 それ以降息子は ママ行かないでと言わなくなりました

子どもは空気を読みます 親の顔色をよく見ています もし沢山わがままを言って ママを困らせていたら それは とてもよいことな気がします そう言える安心感がそこにあるからです あの時の私にはそれがなかった•••2歳はイヤイヤ期なはず でも とても聞き分けのよい子でした

離婚して思ったこと 何もしてくれない旦那さんでも いてくれるだけで良かったんだと別れてから思いました 日頃 仕事で寂しい思いをさせているから 休みはどこかに連れて行こうと出かけても家族連ればかりで 息子がよそのパパをジッとみて切なくて 悲しくなって帰ることがよくありました 保育園の行事も今は夫婦で参加することが多いので参加するのが辛いと感じて 楽しむことはできませんでした

どれもこれも 息子が1番辛かったはずなのに この時も自分のことばかりでした

だから 赤ちゃんが産まれたら 夫婦は色々なことがありますが 仲良くやってほしいなと思って お互いの気持ちを考えて代弁してみたり••• どうやったら仲良くやれるかな?とお節介おばちゃんみたいなことしてます(笑)

昔から 夫婦円満なら よい子に育つと言いますが この言葉は本当にそうだなと思います お互いを思いやれなくては夫婦は上手くいきません お互いを思いやれる親の元には 思いやりの気持ちを持てる子が育つんですね 親と子は鏡ですからね•••

3歳 6歳の誕生日

年長さんの運動会の騎馬戦 親が子どもをおんぶして馬になり帽子を取り合うのですが みんなパパで 逃げることしか出来ず•••息子に『おじいちゃんに馬になってもらえば良かった』と言われて 本当にごめんねと思いました

そんな頃に今の旦那さんと出会うのですが 息子は パパにしてもらえなかった肩車や膝の上の抱っこを沢山してもらって とても嬉しそうでした でも 私の両親の前では 私を取られてしまうという葛藤があったようで テレビを見ながら『ちくしょー』と言ってたそうです😢

ある日 旦那さんと息子でお風呂に入った時 息子はこう言ったそうです

『ママと結婚してもよいけど 絶対に別れないでね』

年長さんの子どもが そんなことをいうなんて••• この言葉も 一生忘れません 子どもの方がよっぽど寂しくて 辛かったのに 私を思って言ってくれた言葉 

無償の愛は私の場合は親から子どもへではなく 子どもから親に与えられていました

卒園式で歌うビリーブという歌をお風呂で息子が歌っていて 涙が出ました その歌声は忘れられません 

たとえば君が傷ついて くじけそうになった時は 

かならず僕がそばにいて 支えてあげるよ その肩を

世界中の 希望のせて この地球はまわってる

いま未来の 扉を開けるとき 

悲しみや苦しみが いつの日か 喜びに変わるだろう

I believe in future 信じてる

もしも誰かが 君のそばで 泣きだしそうになった時は

だまって腕を取りながら 一緒に歩いてくれるよね

世界中のやさしさで この地球をつつみたい

いま素直な 気持ちになれるなら

憧れや愛しさが 大空にはじけてひかるだろう

I believe in future 信じてる

あの時の私 息子に支えられていたんだな•••

保育園で 年長さんの時の担任の先生から 私に沢山のアドバイスをくれたのですが 開業したてで余裕のなかった私は 私はそんなの無理って思って泣いてしまったのですが•••小学校に行ってから その意味がわかりました

なんでやろうともせず 無理って言ってやらなかったんだろうか••• 毎日は無理でもできる日にやろうとしなかったのか••• それにこりて 私は人からの忠告は 今できなくてもやれる時にやってみようと改めました

できないことを責めているのではなく もっとよくなる為のアドバイスなのに責められていると感じてしまっていた時期でした

この時の保育園の先生は 毎年 年賀状を子どもたちにくれて 10年後保育園の前の公園で会うという約束を 去年の春に実現してくれました✨とっても素敵な先生です

私は心から感謝しています