母乳は血液からできているんです 

だから体が凝り固まっていたり足が浮腫んでいたり 循環が悪いと当然出づらい 

妊娠中の浮腫みも循環が悪くておこるもの 妊婦さんはこれくらい浮腫んでも普通と放置しないで?

では なぜ 循環が悪くなるのか? 

妊娠すると 胎盤からリラキシンというホルモンが出て骨盤を支える靭帯や筋肉を緩ませます それによって骨盤という受け皿が広がって 大きくなる子宮に耐えられるようになっています

しかし•••それは生活がとても楽になってしまった現代人にはとても困ったことがおきております 緩みすぎという事態 

昔は妊娠しても普通に生活しても大丈夫 年配の産婦人科医は動け動けということが多いですが 妊婦でない時に動いてない私たちは骨盤の緩みすぎと支える力がないので 骨盤の中に子宮は早くから落ちてしまったり 骨盤が緩んでバランスをとれず反り腰になってお腹が飛び出して 落ちそうになる子宮は固く張るようになります

切迫早産や切迫流産 逆子の妊婦さん 身近に増えていませんか?それは 骨盤の問題がかなり大きいということなのです 骨盤ケアを妊娠初期から行っていると 前回切迫早産で入院や安静をしていた方が 切迫症状が全くなくお産を迎えることは珍しくありません

今回は母乳という観点から骨盤を考えると 骨盤が広がりすぎると子宮は下がってしまうから 足の方からかえってくる血液が戻り辛くなります 赤ちゃんを産んだあとは1番骨盤が開いています そのため産んだ直後から骨盤ケアが大事になります

昔の方は 妊娠すると犬の日に安産祈願をすると同時にさらしを巻いて 骨盤やお腹を支えていました 今は支える力がないのに儀式だけになってしまいました?

さらしを上手く使えたら さらしで十分なんですけどね••• さらしって 長くて 洗濯大変?でも 昔の人はこれを手洗いして干して 使っていたんですよね 私たち洗濯機なのに文句多すぎですよね••• ずれるとか扱いにくいとか 上手くできないとか 何回やってそういう言葉が出てきた?って考えると 本の数回もやってなくて やる前から諦めてたりして•••

子どもがやる前から諦める子に育つのも ちょっとやってできないとその物が良くないっていう子に育つのも 親をみてのことかもしれませんね?

ちょっと脱線しましたが お金をかけないならさらしで十分 ぶきっちょな私たちのために作り出されたトコちゃんベルトやお腹を支えるアイテムで きちんと骨盤と緩んだ腹直筋を支えることが 実は母乳育児にも影響するんですよ✨

骨盤ケアは 本当に大切です でも何故 産院でそれが言われないのでしょう?

実は 助産師学校で全くそんな勉強しないんです 私は助産師になって お産の現場で回旋異常や微弱陣痛のケースが続いて クタクタになって 骨盤が問題なのかな?って思って 勉強に行きました そうしたら目から鱗なことばかり 私がやってきたことはミニドクターでした

学ぶことは私にはとても難しく 5年位勉強に通いました 沢山のお金と時間をかけて学びに行ったのは 習ったことがすぐ目の前のママや赤ちゃん達の様々な問題の解決に繋がっていたからです それから自分の体がどんどん楽になっていくのが わかったからです

トコちゃんベルトを買えば 説明は書いてあります でも 私はそれで上手く使えませんでした ブログでやり方を載せることもできなくはないですが 全てをお伝えすることは難しいので 是非 教室やケアを受けてください♡セルフケアの方法 日常生活で注意して欲しいこともお伝えしています

次に重要なのは 座り方です

骨盤が開く座り方はソファーやぺちゃんこ座り 骨盤が歪む座り方は横座り

トコちゃんのマタニティ&ベビーケア ハンドブック

骨盤が開いたり歪む座り方は循環が悪くなるだけでなく 赤ちゃんの姿勢も安定せず チョコチョコ飲みや飲み残して乳腺炎や浅吸いで乳首の傷も作りやすい

椅子 正座 あぐらなど 骨盤がたち ベルトが折れないように座りましょう

ママの姿勢が安定すると赤ちゃんの姿勢も安定して おっぱいを吸うことに集中できます

トコちゃんのマタニティ&ベビーケアハンドブック

ベルトが折れない位お尻が高くなる様に 座布団やバスタオルを使って工夫しましょう

ちょっと余談ですが 数年前に『今でしょ』でおなじみの林修先生がテレビで 小学生のママさんたちの質問に答えるというシーンがありました 

ママさんの一人が『どうしたら 子どもが勉強ができる様になりますか?』って質問しました それに対して林修先生はママたちにこう言いました

『残念ながら この中で勉強がとてもできるお子さんが育つとは思えません』

そして黒板に 『躾』 という字を書きました

『これは なんて読みますか? そう 躾(しつけ) ですね 躾という漢字は 身が美しいって書くんです 今 この中で 姿勢の良いお母さんは 残念ながらいません お子さんに勉強をできる様になって欲しかったら まず姿勢良くいられる様にしましょう 私の経験上 勉強のできるお子さんは姿勢が良い子が多いです 良い姿勢が保てるいうことは お話する先生のお話も集中してきちん聞けるのだと思います』

そんなことを話していて 私は 骨盤ケアで開業してからママの姿勢を意識してケアや指導を行なってきて ここにも繋がるんだ〜✨と納得したのを覚えています

でも その良い姿勢がとれない時 それは体を治さないと難しかったり 自分では良い姿勢と思っていても客観的にみてもらうこともとても大切だなと思います