25日土曜日は 今井会の方4名を 助産院つきひかりにご招待しました

今井会って何❓

それは 3年前位にさかのぼりますが ちょうど妊婦さんからケアを 受けに来てくださっていた予定日が近かった方4名が

出産後に 秦野の童歌の会で たまたま出会い

アッキースリングに 首枕 おひなまき という共通の事をお子さんにしていて

もしかして 今井さんのところに通ってますか?

というお話になり 仲良くなって 月に1から2回位のペースで集まって

まんまる育児の事やら 子どもによいことの情報交換をしたり

子どもが体を沢山動かせる遊び場へ行ったりというサークル的な活動をしていました

その名前が 今井会 という名前で•••

もっとよい名前をつければ格好よいのにと 何度か言ってみたものの 今でも今井会(笑)

 

お子さん達は3歳になりました

かっこ良い写真です✨ 小さいのに 何かの撮影ですか?位に決まってる❤️

そのメンバーの一人のママから メールがきました

「ちょっと前に 体操クラブに入ったんですが、運動神経が良い方なんじゃないかと思いました

平均台とか 鉄棒とか ジャンプとか 結構そつなくこなしているし

スライダーも3日目で両足離して乗ったりとか まんまる効果❓」

 

そのメールを見た時に え❓何を今さらわかりきっていることを言ってるのでしょうかと 内心にんまりしつつ

「それはそうですよ 歩きだしまでが大事なんですよ」

私はずっと言ってきた言葉を またかえしました(笑)

 

まんまる育児 大変なこともあって 何度か挫けそうになったこともあったママから やってよかったと歩き出してから実感されることも多いです

私も これを知ったのは 息子が4歳の時

自分の子どもにしてあげれなかったことが とても残念でなりません

発達教室を担当している山浦先生も全く同じことをいっています

だからこそ これからのママたちや赤ちゃんたちに伝えたいと 私も山浦先生も日々 頑張っている訳です おわかりいただけましたか?

 

話がそれましたが 今井会のママたちをこれまで見てきて 私はすごいなぁと思ってきたことがあります

それは 赤ちゃんの時から 子どもによいことをしてあげたいという気持ちをもって育児されていたこと

私は 20代の終わりに子どもを産んだので まだ自分中心の育児でした

習いごとなんて 親のエゴ 自己満足位に思ってました

でも このママたちの姿をみていて 色々な体験をさせることで

子どもは知らない世界を知り

親もまた 新しい世界を知る機会を得ているんだなと気付かされました

もちろん 子どもが嫌がるのに将来の為と無理にやらせるのは違うと思いますが

親子で新しい世界を楽しむ姿をみて 可能性を広げるってこういうことか

経験してみないと わからないことってありますよね と学ばせていただきました

 

 

久々に今井会のママたちと過ごさせていただき まだまだ育児の悩みが尽きない3歳

一方 私の息子は もう高校生であと数年で 巣立つわけで•••

 

大変なんだけど 側で一緒に何かできる時期が ふり返ると とても幸せな時期だったと思います

 

子どものことを 私よりもよく考えているママさんたちなので もうアドバイスすることなんて あまりありませんが

ちょっと先を経験した立場から 言えることがあるならば

☆そんなに心配しなくても大丈夫 大人になるまでにできれば良いと思いますよ

発達段階や課題を知って促すことは大切ですが スピードもそれぞれですね 大人もです 周りの子と比べず ちょっと前と今の変化をみてみると ちゃんと成長していますよね

☆他者からの自分の子育ての評価をあまり気にする必要はないのかな

他者に子どものできてないことや欠点を言われた時に出来ない事にイラッとしたりする時は 自分の評価を気にしている時 子どもを良くしたいと思ったら腹がたつ前にどうしたらできるようになるのか と具体的な方法が浮かんでくる 子どもがなぜそれをしないか聞いてみてね 先に叱ったら子どもが何も言わなくなる可能性がありますよ 大体 大人だからといってみんなが出来ている訳ではないのだから

☆子どもを信じること 私の子なんだから大丈夫って思うこと

口うるさく言わなくても 「何か忘れてないかな」 「応援してるよ」 「心配しているよ」

いけないことをしたら 「悲しいな なんで悲しいと思う❓」って言った方が 子どもが変わりました

自分の子どもがこうしたらどうしようと不安になり つい厳しく叱っていた私ですが 結局は自分ができてないから不安になっていたのかもしれません 子どもを変える前に自分ができているかを考えて 自分をまず変える これが出来るようになったら 子どもとの関係性が一気に良くなりました

子どもは子どもの人生 失敗しない様にするよりは失敗して何が問題だったか?考えて 次に失敗しないようにする為にどうすれば良いかを考えられる様に つまずいた時の立ち直り方を一緒に考えたりサポートできるとよいのかな

☆子どものためと自分の時間やお金を我慢しすぎないこと

子どものために一生懸命になると 時間もお金も自分のことを我慢する そうすると子どもが期待通りにやらないとイライラしてしまいますよね 子どもは親の喜ぶ顔が見たくて 期待に応えようと頑張るようになって 自分のためにではなく 親のために頑張るようになったり その習いごとが嫌いになったりします 下手でも楽しいと長続きして 結果的にできるようになるのかなと思いました 楽しいという気持ちにさせることが大事なのかな•••それには 自分のために時間やお金を使うことも大事だなと思いました

☆大切なことが抜けていました 働きはじめるとつい仕事に傾くことが多いですが 子どもが心身ともに健康でないとお仕事できませんから 子どもが元気でいてくれることに感謝して働きましょう

なにかあったら 仕事より子どもが大切です

今 もうあまり教えることがない息子に 私がしていることは 子どもに自分の生き様を見せること

生き生き 楽しく 自分の好きな仕事をする姿を これから社会に出る子どもにみてもらいたいなと思っています

 

正解のない育児 子どもも一人一人違う だから悩み試行錯誤しますよね

でも それが育児の楽しさなんだと思います❤️

保育園•幼稚園卒園で育児の1/3が終わり 小学校卒業で育児の1/3が終わり 高校卒業でもう終了❓

 

 

本当にあっという間で ぎゅっとできる3歳の頃が愛おしいです

今日は みなさんに会えて とってもとっても楽しかったです❤️

沢山の学びをありがとうございました✨

みなさんが通ってくださったから 今の私があるんだなと 今日しみじみ感じました

また 会いましょう♪  お会いできる日を楽しみにしています❤️

お花もありがとうございました😊